コインランドリー経営、投資に興味のある方に向けたメディアサイトです。経営者に向けたお得な情報を掲載しています。

コインランドリー経営とは

前のページへ戻る

副業としてコインランドリーの経営が注目を集めています。
コインランドリーはその場に経営者が常駐している必要がない上、すぐに始められることで注目されている投資です。

自宅で洗濯機を所有している時代ですが、コインランドリーの需要はまだ衰えていません。
そんなコインランドリーの経営についてご紹介します。

コインランドリー経営のメリット

まずコインランドリー経営のメリットとして、ランニングコストが安価なことがあげられます。狭い土地でも運用が可能で、手軽に始めることができます。

安定的な現金収入が期待できることです。利用料がその都度現金収入となりますので、すぐに現金として手元に入れることが可能です。

水道代も利用時にしかかかりませんし、電気代も待機時は低くなります。ランニングコストに対する利益率が高いのがコインランドリーの特徴ともいえます。

コインランドリーの利用者はリピーターとなる割合が高くなるので、周辺にコインランドリーが必要な住宅物件があれば、コンスタントな収入が期待できます。

コインランドリー経営のデメリット

一方で、コインランドリー経営のデメリットも紹介致します。まず大きなものとしては、初期費用が高額になるという点がネックになります。

洗濯用の機器の設置から、その大きな機器を搬入する費用や取付けの費用、さらに両替機や監視カメラなど各種機器の導入費用に大きなコストがかかります。

また、何らかの理由で移転する際、機器が大型なので搬出し移転場所に搬入するのも時間と費用がかかってしまいます。また、現金収入が期待できると言ってもその額は決して多額ではありません。売上が安定しやすい代わりに、大幅な売り上げアップはあまり期待できません。

開業時から大きなリスクを背負うことは避けたい方にはコインランドリーのフランチャイズを利用するという手もあります。

コインランドリー運営を成功させるには

コインランドリーを出店しただけでは利用者はなかなか増えません。客足を伸ばすには、ニーズや市場を徹底的に調査し、利用者のターゲットを絞ることです。

また、店舗の内装や外観も、利用者が行きやすい、通いたくなるような環境に整えることが大切です。